PAGE◇
[♀求めたのは君だけでした(前編)]
静臨/裏/弟×姉










「ただいま」

返事がくるはずがないとわかっていても、習慣からつい言ってしまう。教科書の類いが全然入っていないカバンを投げ出して一目散に自室へ向かった。

両親は今日古くからの友人の結婚式に行くとかで留守にしていた。離れたところらしくて帰ってくるのは明後日らしい。
この家に住んでいるのは俺と両親の三人だけだ。俺を一人残すのは心配だからと、今は新宿で一人暮らしをしている姉が来てくれる手筈となっていた。
姉の臨也と会うのは正月以来だった。あいつは盆と正月くらいしかろくに帰ってこない。

臨也がくる前に部屋を片付けておこう。そう思いながら開けた部屋の中では、俺に向かって尻がつき出されていた。

「……あ?」

ショートパンツに包まれたプリッとした尻が俺の視線を釘付けにする。そこからのびたスラッとした足はニーハイソックスで覆われていて、俺はエロゲの世界にでも入り込んでしまったのかと思った。
しかし問題はそこではない。なんで部屋にこいつがいるんだ。こんな不法侵入女、間違いなく臨也しかいない。しかもベッドの下を漁ってるときた。

「おい手前人の部屋で勝手に何してやがる!」
「こーら、麗しのお姉様に手前とか言うんじゃないの。せっかく弟の成長記録を見てあげてたのにさぁ」
「ああああああああああ!?」
「人妻とかOLとかそういうのばっかり。あと巨乳系?ほんっとシズちゃんってわかりやすい趣味してるよね」

俺の愛用のエロ本を掲げて向き直ったのは、久々に見るも正真正銘臨也だった。にやにやとムカつく笑みを顔に張り付けるその姿は、姉とはいえめちゃくちゃにぶん殴ってやりたい。だがかないそうにもないためやめておく。

「ずいぶんくるの早いじゃねえか。夕方くらいにくるとか聞いてたんだけどよ」
「仕事が暇でさ。それに可愛い弟にはやっぱり少しでも早く会いたいものだろ?」

エロ本をベッドの下に戻して臨也は真正面から抱きついてきた。スキンシップが過度なのはまだ直っていないらしい。
臨也の胸がふにゅふにゅと潰れてかなりきもちいいものの、下半身的にはとても危なかった。下半身の熱を静めるためにも、近所の寿司屋のロシア人店員の顔を思い浮かべて必死に耐えた。

「シズちゃんと会えるの嬉しいなぁ。また背伸びたんじゃない?」
「まぁな……、手前もうちょっと頻繁に帰ってこいよ。母さんたちも寂しがってるし」
「そうしたいんだけどなかなか都合が合わなくてね。ああ、今日明日はもう完全オフにしたから安心してくれていいよ」
「わかった。わかったからそろそろ離れろ」

ごめんごめん、と離れた臨也を改めて見ると姉という贔屓目無しに綺麗だった。小さい頃から俺はこいつに見とれてた。歳の離れた姉弟だから自然と臨也が俺の面倒をみることが多く、俺はいっつも臨也の後を引っ付いていた。

「どう?久しぶりに会ったんだし一緒にお風呂でも入ろうか?サービスで背中流してあげてもいいよ」
「悪質な冗談はやめろ」
「昔はあんなに喜んだのに大人になっちゃったんだねぇ。むしろ大人のほうが喜びそうだけど。俺と一緒にお風呂入ってて精通したの忘れちゃった?」
「うるせぇええええええ!!」

思い出したくもない黒歴史。たしか小学校高学年の頃だった。そのくらいの年頃になるとエロいことを考えるのも当たり前になってくる。そんなときにムカつくことに美人でスタイルのいい姉の裸体を見せられたとなると、勃起してタイルを白濁で汚すのも無理はなかった。

俺の部屋には座布団くらいしかないから臨也はベッドに腰をおろす。古くなっているベッドはそれだけで軋んだ音をたてた。
「ねえシズちゃん、彼女とかいたりしないの?」
「いねえよ」
「へー、せっかく俺に似て顔はいいのにね。俺はいるよ、彼氏」
「……へえ」

こいつはもう23歳だ。彼氏がいたっておかしくない。それなのにツキンと胸が痛んだ。

「波江さんっていう俺の秘書なんだけどさ、綺麗だし仕事もできるし家事もできるし最高なんだよ。ちょっとブラコンだけどそれは俺も他人のこと言えないから許容範囲だし」
「……臨也、それ」
「ん?これ?」

見なきゃよかったはずの左手が見えてしまった。薬指に光る指輪。これが意味することは俺だってわかる。臨也は照れくさそうに左手をあげて俺に見せた。

「婚約指輪だよ。母さんも父さんもいるときに言いにこようと思ってたんだけどさ、波江さんと結婚するんだ」

何かが壊れる音がした。目の前が黒くなったり赤くなったり忙しない。頭ががんがん鈍器で殴られているような気がする。
腹の内に沸き上がる欲望を抑えることなんてできなかった。

「そんなの許さねえよ」
「……え」
「手前は俺だけのものだろうが!」

組伏せた臨也の怯える顔が見たくなかった。目をとじて乱暴にキスをする。

悪いのは全部、臨也なんだ。





 


[←前|次→]
[←戻る]