PAGE◇
[※或る男の中毒@]
『くらくらり、』More様からいただきました!





「やあ」
へらり、といつにも増して楽しそうな笑みを浮かべて臨也が来た。あまりの臭さに思わず眉間に皺を寄せる。臨也自身の匂いがまるで分からなくなるくらいに、強烈な他人の臭いがした。臨也はいつだって他人の臭いを身体に纏わせている。しかも会うたびに臭いは変わっている。臭いの強さも日によって違うが、臨也は決まって最大限に臭い時にばかり、静雄の所に来る。
「ねえ、何怖い顔してるのさ?」
口の端を吊り上げる臨也のこの笑顔が、静雄にはどうしても綺麗だと思えなかった。目の奥は冷えていて、まるで笑みを浮かべていない。悪意の透けるこの笑みを、どうして他の人間は綺麗だと言えるんだろう。普段の殺意ばかりを籠めた笑顔とは違う完全に冷めたような笑顔だった。
「うるせえな、何で来たんだよ」
「やだなあ分かってるくせに」

そう言うと臨也は娼婦のように静雄の腕に絡みついた。実際臨也は娼婦の真似事をしている。見下ろした先にある臨也の首筋には、真っ赤な痕がついている。静雄はそれをどうしようもなく気持ち悪く感じた。おそらく他の場所にも同じような痕がたくさんついているのだろう。
そう考えるだけで静雄は臨也の首を絞めてしまいたくなる衝動に駆られた。
「抱いてよ」
正直、気乗りはしなかった。他人の臭いばかり纏わせるこの男に触れることすらしたくない。それでも、静雄の思いとは裏腹に身体ばかりが先走り、静雄は荒々しく臨也を布団へと放り投げた。静雄はどうしたって目の前で笑うこの人間を捕まえたかった。それこそ、何年も前から、そう思っていた。

折原臨也は誰とでもセックスをする。

当時高校生だった静雄の同級生たちの間ですら流れていた噂は、もはや当然のものになりつつあった。静雄がその噂を耳にしたのは高校に入ってから一年ほど経った頃だ。その頃にはもう臨也との殺し合いもただの日常の一部だった。たったの一年で、きっともう何万回も嫌いだと言ったし、言われた。だからまるきり知らない仲というわけではないけれど、静雄は臨也の事を殆ど理解できていなかった。人間を好きだというのも、化け物をきらいだというのも、何一つ理解できない。頭のおかしい奴だと思っていた。だからこそ静雄は、臨也が何をしていてもおかしくないと思った。
要するに静雄は信じた。
折原臨也は誰とでもセックスをする。
老若男女も問わない。誰かの愛人でもある。
数えればきりのないその噂を、静雄は全て信じて疑わなかった。
ただ信じるだけならまだ良かったのだと思う。大嫌いな人間の胸糞悪くなるような噂を耳にして、静雄が感じたのは酷い苛立ちだった。静雄は確かにその人間が大嫌いだった。多分気持ちの悪い話を聞いたから苛々しているんだろう。一度はそう思ってそのまま考えることを止めた。
だけど、そんな時に限って目の前に現れるから。
臨也は何度も静雄の前に現れる。静雄がいくら殴っても蹴っても骨を折っても、臨也はいつだって静雄の前に立った。そして普段通り笑ってみせるのだ。他の人間に見せるような貼り付けた笑顔とは違うものに見えていた。でも、もしそれが違うなら。その時臨也はらしくもなく、逃げ場のない場所に向かって走ってしまった。入ってから、しまった、という顔をした臨也を見て静雄はその部屋の鍵を閉めた。
押し殺したような声を憶えている。
やり方が分からなくて碌に慣らしもせずに、臨也の後孔に押し入った。うつ伏せにしていたから臨也の表情は殆ど見えない。ただ、出し入れする度に臨也から出る甘いような匂いが、
誰かを誘っているのかと思うとまた苛々した。臨也の身体のことなんか気にするわけもない。血が出ても、痣ができても行為を止めなかった。途中で臨也が泣いていることに気がついたときはさすがに少し躊躇ったけれど、止めなかった。だってどうせ他の奴もしてる。どうせまた臨也は自分の前に現れる。静雄は晴れない気分のまま、臨也の腸内に精液を出した。最後まで出し切ってもまだ止めない。気がついた頃には、もう臨也に意識はなかった。

後悔をしているわけでは、ないのだと思う。

抱いてと強請る臨也の薄い裸体を布団に押し付ける。指で割り開いた後孔は予想通り解れていて柔らかかった。いきなり精液が零れてくるよりは随分ましだが、静雄は非常に苛立った。この苛々は直らない、もう何年も前から。乱暴に中を擦ると、臨也はわざとらしく甘い喘ぎ声をあげた。昔とは違って抑えることもない。
「はぁっ…んんっ、も、いれてっ…!」
心底気持ちよさそうに蕩けた目を無視するように、静雄は一気に臨也の体内に埋めていた指を引き抜いた。その刺激に耐えかねたように臨也の身体が跳ねる。ひくひくと開閉して粘膜を覗かせる口に性器で触れてみた。


[←前|次→]
[←戻る]