PAGE◇
[※或る男の中毒A]
触れただけでもう中に取り込もうと蠢いている。臨也の太ももに手形ができるくらい指を食い込ませて、静雄は一気に腰を推し進めた。
「はぁっあ、かは……っ!! っ…!」
声も出せないくらいに感じているらしい。脳天を布団に擦りつけるくらいまで仰け反って、臨也ははしたなく喘いだ。赤い舌を見せる口から涎が零れている。何故かそれは汚く感じなかったので、静雄はしゃぶるように舐め取った。そのままキスをすると腸内がきついくらいに静雄を締め付ける。
「いざ、や」
名前を呼ばれるのも好きらしい。蕩けた目が静雄を甘く映す。その目を見つめても、静雄には臨也の考えていることが何一つ分からなかった。静雄が臨也の首筋に顔を埋める。あの甘い匂いを邪魔するように、他の人間達の臭いが静雄の鼻の中に流れ込んだ。吐き気がして、それを振り切るように性器を擦った。ぐち、と厭らしい水音を臨也に聴かせるように腰をふる。
「んひぃっ…! あぅ、ああっ!」
目を見開いて甲高い嬌声を漏らす。情けない弱点ばかりのこの姿を、他の誰かにも見せているのか。静雄は臨也の身体にある痕の内の一つに強く爪を立てた。静雄の性器を受け入れる腸内がきつく締まる。
臨也の性器は先走りを漏らして脈を打っている。あの時は確か、最後まで萎えたままだった。衝動的に臨也の性器を掴むと、臨也の身体が痙攣するように跳ねた。
「ああっ! あ、もう、っふぅぅ…!」
先程から臨也の腸内が静雄の精を搾り取るように蠢いている。臨也の身体がぶるぶる震えだした。もう出したいのだろうか。いっそ塞き止めてしまおうかとも思ったが、それで機嫌を損ねられてしまっても困る。静雄は臨也の先端の鈴口を抉る様に撫でた。
「っあ、ひぃ、――――っ!」
「、っう…!」
臨也が達したときの予想以上の締め付けで、静雄は臨也の腸内にありったけの精液を流し込んだ。今日はゴムも着けていない。でも、どうせ、この男は孕まない。静雄の性器の端から漏れ出す精液に顔を顰める。静雄が性器を抜くともっと多くの精液が零れた。臨也の目は虚ろで、若干身体を痙攣させている。その様子はどう考えても正常ではなかったが、静雄はもう慣れてしまった。セックス中毒なのだ、この男は。
「用が済んだら、さっさと……帰れよ」
一見酷く思える言葉だ。静雄だって酷いと思っている。それでも言わなければならなかった。

「……へえ、恋人にたいして、そういうこと言うの…?」
静雄の眉間に寄る皺が増えた。臨也が言うには、静雄が臨也を強姦したあの日から、恋人ということになっているらしい。静雄はその設定にこそ一番苛立った。
恋人らしいことの一つもさせないくせに。静雄のところになど滅多に来ないくせに。
他の男と、セックスするくせに。
「何を考えてるの?」
先程までセックスをしていたとは思えないくらいに無邪気な、冷めた笑顔で臨也が問いかける。静雄はその顔にもまた苛立った。目の前にある赤い痕の散らばった細い首を締め上げてやろうとして、止めた。
「…くせえ、くせえんだよ。今度はお前、」
何処の誰に抱かれてきたんだ、とは聞けなかった。恋人なら聞く権利はあるだろう。それでも異様なまでに聞くのが怖かった。
言いよどんだ静雄を見て、臨也がついに堪えきれなくなったとでもいうように笑った。
「ふふ、あははははは! まさか誰に抱かれたんだ、なんて聞かないよねえ? そんな台詞君が言っていいはずないもんね。だって、昔から君が持つ俺のイメージはこうだったんだろ? あの時は、誰に抱かれてるかなんて聞かなかったもんね。
聞かずにただレイプしたもんね!」
臨也は心底楽しそうに笑いながらそう言った。静雄はその言葉をただ黙って聞くほかない。自分が臨也を壊してしまった。それでも謝ったことはなかった。後悔はしていないと思う。そのはずだった。
臨也はひとしきり笑ったあと、急に笑い声を止めて、無表情になった。無言で尻と太ももをティッシュで拭い服を着る。静雄はその間少しも動けなかった。
「帰るね」
いつもよりも数段冷たい声だった。静雄は背中を向けて、拒絶の空気を纏わせる臨也に向けて手を伸ばした。何も掴めずすかっ、と空気を切る。ばたんと閉められたドアを見つめて静雄は張り詰めた息を漏れ出す感情と共に吐き出した。
「どうして、こうなったんだ?」
問いかけた言葉は返ってこない。
こんなの恋人なんかじゃない。ただのセックスフレンドと大差ないだろう。身体だけが欲しかったんじゃない、と言っても、きっとあの男は嘘だと信じて疑わない。静雄があの噂を疑いもしなかったように。この関係のままいたいわけじゃない。これから改善の余地はあるのだろうか。まだやり直せるのだろうか。そう思っても、静雄は何もできなかった。

あの時初めてだったんだろう。

酷いことをして悪かった。

もう他の男に抱かれないでほしい。

あの時はごめん。

好きなんだ。


静雄は、言いたいことの一つも、未だ言えずにいる。





[←前|次→]
[←戻る]