PAGE[02]
2010-08-31 20:56
[相合ギセル]
君が煙草をくわえたら 僕は決まって火をつける
灰を落とさぬように 交互に吸うのが2人のルール
「お前があんまり無邪気にはしゃぐもんだからいつも負けてやってんの。」
すると君は笑いながら「罰ゲーム。」と催促をする

月明かりが降る 見えない傘をさした
隠した心照らさないで 世界が途切れてしまう

相合ギセル 君とこうして2人笑い合える時間が好き
「愛愛してる」 言葉にしたなら 脆く儚く散るの
だから、煙にそっとこの想いを乗せて風に預けた

君の声が響く 胸の奥に罅れる
これ以上好きにならぬよう嫌いなとこでも探そうか…

相合ギセル 手探る僕のはにかんだ笑顔を見て笑う
「愛愛してる」 尖った心も 丸く甘く溶かすの
ほらね、気付けばまた君の好きなとこ一つ見つけてたよ

2人を繋ぐものが何であっても
確かに“繋がってる” それは事実です
たとえ消えゆく小さな物語だとしても
この切なさと愛しさで 僕はすべてを満たしてく

相合ギセル 君とこうして2人笑い合える時間が好き
相合ギセル 重ならない手でも君を温める術はある
「愛愛してる」 このままでいたいから 逸る鼓動撫でるの
いつか、君の居るべき場所が見つかる日まで そばにいさせて


[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]