PAGE[05]
2010-08-31 21:02
[恋虫]
君の好きな冬の星空 今宵は会えないから
なんとなくね 一人見ていた でも余計に会いたくなって

そうだ、君の似顔絵描いてみよう
白黒に絵の具で色もつけて
僕の心の中の君が形になってく

どんな君が写るだろう 誰より何より君を見てる
そんな小さなプライドを自慢気に抱える僕は恋虫
描いた君を眺めては笑う わかってたけど もっと会いたくなった

似てるような 似てないような そりゃ元々絵はダメだけど
それでもね 君のことなら 密かにね 自信あったのになぁ

いつだってそう 不器用なところも
君は笑って抱きしめてくれるから
きっとこの絵だって宝物だと言うのでしょう

恥ずかしながら ホントに好きなんだなぁって
君のいない世界は味気ないなぁって
そんなこと本気で考えちゃう僕はもう 恋虫

ほら ふとした時の 仕草や 言葉や 表情が
そっと心をノックする だから僕は毎日君に恋をする
きっと君の絵も上手になってく 大好きだよ ずっと傍にいさせて


[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]