PAGE[07]
2010-08-31 21:06
[赤詰草]
早く行こうよご主人様 違うよそっちはこっちじゃなきゃ
そう綿飴泳ぐこの景色さ 今日も会えるかな?
もっとゆっくりご主人様 お日様もポカポカなことだしさぁ
でもね そろそろその手をね 離してくれませんか?

Let’s Go! 走った 頬にキス 「また会えたね。」
さぁ行こう 一緒に 探そう 見つかるかな赤詰草

いつも見つけるのは僕の方で 君はその度少し悔しそう
でも君にあげるととても喜ぶから 僕も嬉しくなる
巡る季節、澄んだ空水風 相変わらず君は見つけらんなくて
そうだこっそり忍び足で 君のそばにそっと…

やったー! 見つけた! 初めて ほら見て四つ葉
やったー! 一緒に はしゃいだ 茜に映える赤詰草

巡る季節、白い妖精 どいてくれよ探せないだろう
でもそんなことよりもどうして 君は来ないんだろう
ケガでもしたのかな コース変えたのかな
教えてご主人様! 求めてないよそんなHUG…
そうだ!いつも僕らを眺めてた おじいさんに尋こう

Let’s Go! 走った 「おじいさん、初めまして。
いつもね 一緒に 遊んでた あの子のこと知りませんか?」

「何故か最近は見ないね。彼女の名前なら知ってるよ。」
「教えて教えておじいさん!」
「確か彼女の名は“クローバー”」



[←前|次→]
[セ編集]

[←戻る]